まぶたが痛くて腫れてる!その原因はものもらいかも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

どうもアレルマンりょうです!

みなさんいきなりですがものもらいになったことってありますか?

なったことある人ならわかると思いますが、ものもらいは痛くて腫れが目立つので人前に出るときは恥ずかしいですね(笑)

そんなものもらいですが、私は頻繁になります(笑)

ひどいときだとせっかく治ってもすぐにぶり返してしまいます。

そんなものもらいの対処方や初期症状なども実際に自分がなったときのことを交え紹介していきたいと思います。

[ad#ad-1]

ものもらいとは

ものもらいとは目のまぶたを中心に細菌感染による目の炎症です。

「ものもらい」と一般的に呼ばれますが地方によっては「めばちこ」や「めいぼ」と呼ばれる場合もあるそうです。

方言みたいな形で地方によって同じものでも言い回しが違うというのはおもしろいところです^^

ものもらいでも麦粒腫と霰粒腫の2種類あり症状によって呼び名が異なるのでまとめます。

ちなみに私は両方ともなったことがあります(笑)

麦粒腫とは

・麦粒腫の特徴と症状

私がよくなるものもらいはこの麦粒腫と呼ばれるものもらいのほうで、主に人間の手などに付いている黄色ブドウ球菌が原因といわれています。

手以外にも使いまわしのタオルなどにも菌が付いてて感染原因にもなりますので、手はこまめに石鹸でよく洗い、タオルもこまめに交換したほうがよいですね^^

私の場合は以下のような症状があらわれました。

・まぶたの痛みと赤み

・目やにが多くなる

・まぶたが重たい

 

特に痛みが強いのでまぶた周辺が痛いなと感じたら麦粒腫を疑ってみましょう!

・麦粒腫の対処方法

症状が軽い場合はドラッグストアなどに売っているものもらい用の抗菌目薬を使用すればよくなります^^

私も麦粒腫のものもらいができた場合は症状が悪化する前に抗菌目薬を使用するようにしています。

私の経験上だいたい1週間もすれば症状はよくなってくるのでもしそれでも症状がよくならず、むしろ悪化する場合は眼科を受診したほうが良いと思います。

目は人間の部位の中でも細胞が露出している部分なので早めに対処したほうがよいです。

[ad#ad-1]

霰粒腫とは

・霰粒腫の特徴と症状

私も頻繁になるものもらいは麦粒腫ですがこの霰粒腫も1度だけなったことがあります。

しかもつい最近です(笑)

この霰粒腫の特徴は特に痛みがなくしこりのようなものがまぶたにできたという感覚です。

 

これはマイボーム線というまぶたのふちが詰まることによって脂が溜まってしまい、結果的にしこりのようなものができてしまうといったものになります。

正直この霰粒腫のものもらいの方がやっかいで痛みが麦粒腫のようにさほどないため処置が遅れてしまいがちです。

・霰粒腫の対処方法

麦粒腫の場合であれば「なんかものもらいができて痛いから目薬さしておこう」という感覚でだいたい治ってしまいますが霰粒腫の方はそう簡単にはいきません!

治療方法としては自然治癒か眼科で切開してもらうかになると思います。

私も霰粒腫のものもらいができたときは、麦粒腫のときと同じように目薬をつけて様子をみていました。

しかし、いつもなら1週間くらいで痛みと腫れが治まるのにまぶたの腫れがむしろ増したように感じ、これはちょっとおかしいなと思い眼科に行ったら霰粒腫のものもらいと診断されました。

なんかいつもと違うものもらいなんだと思っただけで特に深く考えてはいませんでした。

しかし、先生から治療方法を聞いて背筋がゾッとしました(笑)

その治療方法は切開手術!

その言葉をきいて本当にびっくりしました(笑)

切開とかはできるだけこわいので避けたいと思い、別の治療方法はないかと聞いたら自然治癒する場合もあるとのこと。

それを聞いて少し安心し、迷わずもうしばらく様子をみることにしました(笑)

だいたい1ケ月くらいでしょうか?

私の場合、それくらいでしこりが小さくなっていき2ヶ月くらいで完全にしこりがなくなりました^^

切開しないで治って本当によかったです(笑)

ですが先生いわく、切開してしまったほうが早く治るし、もし様子をみてもよくならない場合は切開すべきと言っていました!

 

コンタクトレンズはものもらいになりやすい?

私も目が非常に悪くコンタクトレンズをほぼ毎日着用しています。

コンタクトレンズはメガネより見た目も変わらないし、スポーツなどにも便利に使えるのでメリットばかりのように感じます。

しかし、コンタクトレンズは目に直接いれるため、他の人に比べて目に直接触れる回数が高まります。

そのため手に付いた雑菌などからものもらいを引き起こしやすいといわれています。

ですので、コンタクトレンズを使用している方は特に気を付ける必要があります。

着用前と外すときはよく手を洗う

私もよくやってしまうのですが、面倒くさくて手を洗わずにコンタクトを付けたり外したりしてしまうと菌が目に入るため、麦粒腫のものもらいを引き起こしやすくなります。

ですので、しっかりと手を洗ってからコンタクトレンズを触るようにしましょう!

ものもらいが出来ている間はメガネにする

ものもらいが出来ている間はコンタクトレンズは使用せずにメガネを使用しましょう。

ものもらいができている間はできるだけ患部に触れないようにしておくことが大切です。

ですのでコンタクトレンズとメガネは両方持っておいたほうが何かと便利です^^

まとめ

ものもらいとは一般的に呼ばれますが、麦粒腫と霰粒腫という大きく分けて2種類あり、それぞれで症状や原因も異なります。

特にコンタクトレンズを使用している人は麦粒腫のものもらいになりやすいのでしっかりと予防をしていくことが大切ですね。

麦粒腫の方は比較的治しやすいですが霰粒腫の場合ですと切開や自然治癒でも長い目でみるといったけっこう大変なことになるのでできるだけ早めに対処することが大事です。

もしちょっとおかしいなと感じたら早めに眼科を受診して正しい治療をすることがベストだと思います。

これは私が経験した体験談のまとめなのでもし同じような症状で悩まれている方のお力になれればうれしいです^^

[ad#ad-1]

 

 

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る