肌のかゆみはお風呂が原因?入浴の際に気をつける4つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

どうもアレルマンりょうです!

冬になると気になるのが乾燥による肌のかゆみです。

特に敏感肌の方やアトピー体質の方はかゆみがでやすいので乾燥対策はしっかりとしたいところです。

日本の気候も年々変わりつつあり昔に比べて秋の期間が短くなったように感じます。

9月くらいまでは暑く、10月に入ると一気に気温が下がるので体調管理にも気を付けたいですね!

さて、季節だと冬がもっとも乾燥する季節になりますが、私たちの生活の中で肌が乾燥しやすいタイミングというのはどこだと思いますか?

それは入浴のときです!

また、カラダが温まったりと乾燥以外でも肌のかゆみにつながる原因が多いので敏感肌の人は特に入浴の際は気を付けましょう!

そこで、超敏感肌の私が実際に入浴の際にかゆみ対策として気を付けている4つのことについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

①お風呂とシャワーの温度は38度~40度のお湯に設定する

まずはお風呂とシャワーの温度を少しぬるめの38度~40度に設定しましょう。

なぜ、ぬるめのお湯がいいのでしょうか?「あついお風呂に入りたいんだけど」と思う方もいると思います。

よく温泉なんか行くと「あつ湯」という43度くらいあるものがあります。

確かにカラダの芯まであたたまる感じがして気持ちがいいのかもしれません!

しかし、私たち敏感肌の人にとってあついお湯に入ることはよくありません。

なぜなら、あついお湯は肌への刺激が強くかゆみを発生させる原因になります。

そのため少しぬるめの38度~40度くらいのお湯がよいといわれています。

②カラダを洗うときはタオルではなく泡で洗う

よく銭湯や温泉なんか行くとカラダをタオルでゴシゴシと洗っているおじさんをよく見かけます。

もちろんボディタオルというものがあるので間違いではありません。

肌の強い人であればタオルでゴシゴシ洗ってもなんも問題ないと思います。

しかし、敏感肌の人はこの行為は厳禁です!

私もタオルでカラダをゴシゴシ洗ったことがありますが、カラダ全体が真っ赤になりました(笑)

こうなると赤くなった部分がかゆいことかゆいこと(笑)

それ以来タオルでカラダを洗ったことはありません。

それでは何でカラダを洗うのか?それはです!

ただ、石鹸やボディソープを手に付けて洗うのではありません。

しっかりと泡立ててから泡でカラダを洗います。

私が泡立てるときに使っているのが洗顔用の泡立てネットです。

100円ショップなどでも買えるのでコスパも非常にいいです!

この泡を立ててから洗うというのがポイントになります!

「こんな泡で汚れが本当に落ちるの?」と思う方もいるかもしれませんが、しっかり汚れは落ちます!

ですので泡でカラダを洗うようにしていきましょう!

スポンサーリンク

③シャワーヘッドは水圧が弱いものを選ぶ

カラダの泡を洗い流すときに使うのがシャワーですよね!

実はこのシャワーも敏感肌の人にとってはすごく重要で水圧が強いもので洗い流すと刺激が強すぎてカラダがかゆくなる原因になります。

これと似たような例としてスーパー銭湯などにあるジャグジー風呂があります。

これも腰などに当てると腰痛対策として効果があるといわれていますが敏感肌の人がこれをやるとカラダがかなりかゆくなります(笑)

私も経験があり、少しカラダにジャグジーを当てたら最初はいいのですが、その場を離れた瞬間にすごくカラダがかゆくなりました。

これは血行自体がよくなるので敏感肌の人以外でもかゆくなる可能性はありますが、敏感肌の人は特にかゆくなりやすいです!

ですので、シャワーヘッドも水圧が優しいものにしましょう^^

アトピー向けのシャワーヘッドというものがおすすめで水圧も優しく、塩素も除去してくれるのですごく使いやすいです!

④入浴後はすぐにボディクリームで保湿

入浴後はすごく肌が乾燥しているので、カラダをバスタオルでしっかりと拭いたらすぐにボディクリームをつけるようにしましょう!

ついドライヤーで髪を乾かしてから最後にボディクリームをつけがちですが、すぐにつけるのが効果的です!

私もたまにドライヤーを先にしてしまうときがありますが、その時は100%といっていいほど髪を乾かしているときにカラダがかゆくなります(笑)

ドライヤーは温風で肌の乾燥を加速させますのでカラダを保湿→髪をドライヤーで乾かすという順番でやるようにしましょう!

まとめ

今回は敏感肌の人向けの入浴時のかゆみ対策について私の体験を踏まえ紹介させていただきました。

私は超がつくほど敏感肌のため入浴の際も気を付けないとすぐかゆくなってしまいます。

私の体験上でも入浴の際がもっともかゆくなる傾向があったので、敏感肌の私が実際に行っている入浴の際のかゆみ対策をまとめました。

ネット上には「保湿クリームは市販ではなく私が紹介するコレがいい」というような情報がありますが、それはアフィリエイト目的で紹介している人が多く正しい情報ではないように感じます。

むしろ市販のものでもしっかりこまめに保湿クリームをつけ、肌への刺激を抑えることの方がよっぽど重要だと思います。

敏感肌の方のかゆみ対策としてお役に立てればうれしいです^^

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る