金属アレルギーの症状や対策は?歯の被せ物が原因かも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

どうもアレルマンりょうです!

みんさん金属アレルギーって知っていますか?

1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

実は金属アレルギーというのはとても身近で普段何気なく身に着けているアクセサリーが原因で発疹ができたりします。

食物アレルギーなどのアレルギーと少し違う部分もありますので詳しくみていきましょう!

スポンサーリンク

金属アレルギーとは

金属アレルギーとは金属から溶けだした金属イオンが原因でアレルギー反応を引き起こすといわれています。

ですので金属そのものがアレルゲンというわけではなく、人間の汗などに金属イオンが溶け出してかゆみなどを引き起こします。

食物アレルギーというのは食材そのものがアレルゲンでしたのでそこが金属アレルギーとの大きな違いになりますね!

金属アレルギーの症状

金属アレルギーは以下のような症状があらわれます。

✔ 皮膚のかゆみ

✔ 蕁麻疹

✔ 発疹 など

金属アレルギーはこのような症状があらわれます。

これに関しては他のアレルギーの症状と非常によく似ていると思います。

汗をかくと症状があらわれやすい

食物アレルギーに関しても誘発性アレルギーというのがあり、体温があがることによってアレルギーの症状を引き起こしやすくさせたり、悪化させたりする場合があります。

金属アレルギーも汗をかくことで金属イオンが汗に溶け出してかゆみや発疹といった金属アレルギーの症状を引き起こしやすくさせます。

そのため普段はネックレスなどをつけていても全然大丈夫でも汗をかくとかゆくなったりすることがあるのはこのためです。

金属アレルギーが出やすい金属と出にくい金属

金属アレルギーの大きな原因はピアスといわれています。

ピアスは直接耳に穴を開けて使用するため人間の血液などに触れるため金属アレルギーの症状を引き起こしやすいといわれています。

ピアス以外にも金属アレルギーの出やすい金属と出にくい金属がありますので詳しくみていきましょう!

金属アレルギーの出やすい金属とは

ニッケル、コバルト、クロムといった金属は金属アレルギーの症状を引き起こしやすい金属といわれています。

ですので安いアクセサリーなどを身に着けるとアレルギーがでたというケースもあります。

現に私の弟も金属アレルギーでネックレスのチェーンによってアレルギーがでたりでなかったりします。

決まって症状がでるのは比較的安いネックレスを身に着けているときなので注意が必要です。

金属アレルギーが出にくい金属とは

金や銀などの金属は金属アレルギーが出にくいといわれています。

ですのでよほど高いアクセサリーでない限りこのような素材だけで作られているのは少ないのでアクセサリーを購入した場合は何でできているかみてみましょう^^

合金などはメッキがはがれてしまったら意味ないので注意が必要です!

スポンサーリンク

歯の被せ物が原因の場合もある

普段アクセサリーをつけていない方も思わぬところに金属が使用されていることもあるので注意していきましょう!

それは歯の詰め物です!

これはけっこうやっかいで気づきづらいです。

アクセサリーなんかは身につけた箇所が赤くなってかゆくなったりするため、原因がはっきりとわかりやすいのですが、まさか口の中に原因があるなんて思わないですもんね(笑)

ですので歯の詰め物の銀歯なども金属アレルギーの原因になる可能性もあるということを頭の片隅にでもいいので入れておきましょう^^

金属アレルギーの症状が出てしまったら

かゆみや蕁麻疹などがでてしまったら、慌てずに対処していきましょう。

①患部を氷や冷水で十分に冷やす

②できるだけ汗をかかないように安静にする

③それでも症状がよくならなければ抗ヒスタミン剤を服用する

蕁麻疹などがでると最初はビックリして慌ててしまうこともありますがまずは落ち着きましょう。

だいたい蕁麻疹やかゆみは患部をしっかりと冷却して、安静にしておけばよくなります。

それでも症状が落ち着かない場合はドラッグストアの薬剤師さんに相談して抗ヒスタミン剤を服用しましょう。

しっかりと対処をすればそれ以上悪化することを防げます。

まとめ

金属アレルギーは意外と身近に感じる点もあったのではないでしょうか?

ネックレスやピアスといったアクセサリーは普段から使用する機会が多いですよね!

ですので一度身に着けてアレルギー反応がでてしまったら、できるだけそのアクセサリーを付けないようにしてできればアレルギー検査をするのが賢明といえます。

金属アレルギーは歯の詰め物など私たちにとってとても身近なものが原因である可能性が非常に高いので自分のカラダの変化に敏感になることが大切といえます。

スポンサーリンク

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る