花粉症の薬が効かない!そんなときは3つのことをチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

どうもアレルマンりょうです!

花粉症の時期になるとマスクなどで予防をするのは当たり前になってきましたが、どれだけ予防しても花粉症の症状は出るものです。

軽い症状の人であればマスクや空気清浄機などで予防をするだけでも症状は落ち着きますが、私のように強いアレルギー体質の方は難しいように感じます。

私も花粉対策は人一倍していますが、やはりくしゃみや鼻水は止まらなくなります(笑)

予防してもよくならない場合は花粉症の薬を飲みますよね?

私も1度経験ありますが、薬を飲んでいるんだけどいっこうに症状がよくならないそんな経験ありませんか?

その場合は薬の飲み方を間違えている可能性があります。

私はこの飲み方を正しく守るようにしてからは昔ほど症状がひどくならなくなったので紹介していきたいと思います。

[ad#ad-1]

①容量用法はしっかり守っているか確認する

意外とできていないのがこれですね。

いわれてみれば当たり前なのですが「容量用法を守る」ということです。

私も何度か経験したことがあるのですが、つい薬を飲み忘れてしまったり、薬の量を飲み間違えたりするものです。

私が飲んでいるフェキソフェナジン錠は1日に朝晩2回1錠ずつ飲むのですが、うっかり朝飲み忘れたり、出かけるときに薬を持っていくのを忘れたりしがちです。

そうすると薬の効果が十分に発揮できずに薬が効いていないと思い込んでしまうことがよくあります。

まずは容量用法をしっかり守れているか確認してみましょう!

②薬が合っていない場合もある

花粉症の薬もさまざまあり、人によってはアレルギーで蕁麻疹などが出ることもあるそうなので気を付けたいですね!

よく病院で「アレルギーをお持ちですか?」と聞かれることがあると思いますがそれはその人のアレルギーの状況を確認するためです。

アレルギー以外でも薬によっては効く強さもバラバラですので、症状に合わせて飲むことが大切になります。

それなら「早く症状がよくなるように強い薬を飲んだらよいのではないか?」と思う方もいると思いますがその考え方は危険です。

強い薬になればなるほど副作用のリスクも当然大きくなります。

私も花粉症の目薬が市販薬では効かなくなり、眼科を受診して処方してもらいましたが弱い方と強い方の2種類の説明を受けました。

強い方をつければ症状は良くなる可能性は高いが、まずは「弱い方を試してそれでもよくならなければ強い方に変えましょう」といわれました。

ですので、もし市販薬が効かないと感じた場合は病院の先生に相談して症状に合わせて処方してもらうのがもっともよい方法だと思います。

[ad#ad-1]

③花粉症の薬は症状がひどくなってからでは遅い

もう一つ考えられるのが薬を飲み始めるタイミングです!

「薬はできるだけ飲みたくないから症状がひどくなってからでいいや」と思いがちですが症状がひどい人は早めに飲み始めるのがよいです。

いつも花粉症の時期になると耳鼻科に行くのですが、先生が「少し早めに飲み始めるだけでだいぶ変わる」とおっしゃっていました。

それ以来、私は特にスギ花粉のひどい春になるとくしゃみが少し出始めたら薬を飲むようにしています。

そうするとくしゃみが連続してでたり、鼻水がダラダラといった症状を防ぐことができます。

私も経験ありますが、くしゃみがとまらなくなったり、鼻水がダラダラ出たりと症状がひどくなってからでは、薬をいくら飲んでもすぐにはよくなりません。

そうならないためにもできるだけ症状が軽いうちに薬を飲むよう心がけましょう^^

それと花粉の飛散状況のニュースはこまめにチェックすることが大切ですね!

まとめ

現代病とまでいわれるようになった花粉症ですが、薬の飲み方だけでだいぶ症状が変わるものです。

確かに薬はできるだけ飲みたくはありませんが、それはあくまで症状が軽い人であって私のように花粉症の症状がひどい人はそうはいってられません(笑)

症状がひどくなるとくしゃみが止まらなくなったり、鼻水ダラダラと生活に支障をきたすレベルになるからです。

ですのでやはり花粉症の症状がひどい人に関しては薬をうまく利用して症状を抑えることが大切だと思います。

薬をただ飲むというだけでなく、飲むタイミングだったり、容量用法をしっかり守り花粉症と向き合っていくことが大切ですね^^

[ad#ad-1]

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る