アレルギーの症状で最悪の場合死ぬケースも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなさんはアレルギーに関してどうお考えでしょうか?

私はアレルギー体質でアレルギーとうまくつきあっています。

アレルギーを軽く見ている方もいますが、アレルギーは対策しないとこわいものになります。

スポンサーリンク

自分のアレルギーについて知ろう

まずは自分のアレルギーが何なのか知ることが最も大切です。

自分のアレルギーが何かを知ることによってはじめて対策することができます。

私も経験がありますが、今まではアレルギーはないと思っていたものでも検査をするとアレルギー

を持っているということがあります。

なのでアレルギーにお悩みの方はまずは病院で血液検査をしっかりしましょう!

スポンサーリンク

 

アレルギーの症状はこわい?

この言葉を聞いて私もアレルギーについて真剣に考えるようになりました(笑)

まだまだアレルギーのこわさをそれほど感じている人は少ないように感じます。

アレルギーというとからだがかゆくなったり、蕁麻疹がでるだけと考えている「あなた」

危険ですよ!!

大半の方がこのようにアレルギーを認識している方が多いと思います。

しかし、アレルギーでひどい症状になると「死」につながることもあるので注意が必要です。

その症状が「アナフィラキシーショック」です。

私自身もアレルギーをたくさん持っていて、エビを食べたとき蕁麻疹が顔全体に出て、息が苦しく

なった経験があるので注意が必要です。

病院に行くのが一番ですが応急処置として氷で冷やし安静にすることが大切であると思います。

私の場合は氷で患部を冷やし安静にしていたら1時間ほどで蕁麻疹の痒さからは解放されましたの

で参考にしていただければと思います。

アナフィラキシーショックとは?

アレルゲンを摂取したりすると全身や呼吸器などに症状があらわれ、蕁麻疹や呼吸困難などに陥ります。

重度の場合だと呼吸困難によって心肺停止になるケースもありとても危険な症状です。

また、蜂に刺された場合も「アナフィラキシーショック」になるケースもあり、特に毒性の強い

スズメバチには注意が必要です。

まとめ

アレルギーの症状の中にはこわい部分もあるためまずは自分のアレルギーを知ることが大切です。

そしてアレルギーへの理解を深めて対策することがとても大切だと思います。

特に小さい子供は免疫力も大人ほど高くはないため、食べ物のアレルギーには特に注意しましょう。

アレルギーに関して正しい知識を持ち、日々の生活にいかしていきましょう!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る