風邪とは違うアレルギー性鼻炎とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

どうもこんにちはアレルマンりょうです。

季節の変わり目になってくると鼻水がでたりと風邪をひきやすいですよね~

私も体調管理には気を付けてはいますが疲労がたまってたりすると風邪をひきますよね。

当然、急な温度差によって風邪をひく可能性は高まりますが、もしかしたらそれは風邪ではない可能性もありますよ?

それはアレルギー性鼻炎の可能性があります。

風邪とアレルギー性鼻炎は症状がすごく似ているため、判別が難しいです。

ですから風邪だと思っていたのが実はアレルギー性鼻炎だったなんてことも多いでしょう。

私もその一人でした。

鼻水がとまらなくなってくしゃみも頻繁に出ていたので風邪だと思っていましたが、実はアレルギー性鼻炎であることがわかりました。

このときも風邪の症状と似ていたので最初はアレルギーだとは全く思っていなかったので驚いたのを今でもよく覚えています。

アレルギー性鼻炎にも2パターンあるので紹介していきたいと思います。

[ad#ad-1]

 

アレルギー性鼻炎とは?

アレルギー性鼻炎とはなんなのでしょうか?

アレルギーは知ってるけどアレルギー性鼻炎とはどんなものなのか疑問に感じる方も多いと思います。

アレルギー性鼻炎とは透明な鼻水、鼻づまり、連発するくしゃみの3つの症状がでるといわれています。

これをみると確かに風邪と症状がにているとういうことがおわかりいただけると思います。

3つとも風邪の症状でもあらわれますよね。

しかし、私の経験で風邪と区別できる点はかゆみがあるかどうかということです。

私の場合、アレルギー性鼻炎の場合は喉の粘膜がかゆくなったり、鼻がむずがゆくなったりする傾向があります。

私の場合はそこで風邪かどうかを判別しています。

アレルギー性鼻炎には2パターンあります。

季節性アレルギー性鼻炎

季節性アレルギー性鼻炎は通年ではなく、季節によってアレルギーを引き起こす鼻炎のことです。

代表的なのは花粉症ですね。

花粉症は季節によるもので、春ならスギ、夏場から秋にかけてヒノキ、秋はブタクサといったように季節に合わせて花粉症も発症します。

花粉症のように季節性のあるアレルギーによって引き起こす鼻炎を季節性アレルギー性鼻炎といいます。

通年性アレルギー性鼻炎

通年性アレルギーは季節関係なく長い間つづくアレルギー性鼻炎です。

正直こちらのほうが1年中なので私はきついです(笑)

代表的なのはハウスダストですね。

ハウスダストは1年中存在し、すべて取り除くことはほぼ不可能でしょう!

ですので少しでも軽減できるように心がけることが大切です。

ハウスダストはダニの死骸やフンなどで吸い込むとアレルギー体質の人はくしゃみ、咳といった症状を引き起こします。

私は1度学生時代、合宿で泊まった部屋がハウスダストがすごくてぜんそくのような咳やくしゃみがつづきひどい目にあいました。

それからは手軽に入手できるマスクは肌身離さず携帯しています(笑)

マスクが面倒くさいときはこれがオススメです。

値段はやや高めですが、鼻に塗るだけで花粉やウイルスをブロックしてくれます。

けっこう効くのでマスクが苦手な方には特にオススメです。

 

[ad#ad-1]

アレルギー性鼻炎の対策は意外と簡単にできる

これは比較的簡単に対策することはできると思います。

簡単ですが対策するかしないかで全然違いますので、しっかり対策していきましょう。

・換気をよくしよう(ハウスダスト対策)

・マスクの装着(1番安価で効果が高い

・空気清浄機を使用する(高価ではあるが性能の高いのがオススメ)

・こまめな掃除をこころがける

私はこの4点を実際に対策方法として実践しています。

しっかりと対策すると症状を軽減できますのでまずは行動していきましょう^^

まとめ

アレルギー性鼻炎にも種類があるということを紹介させていただきました。

何気ない花粉症やハウスダストもアレルギー性鼻炎の1種だということですね。

どの対策も簡単ではありますが、毎日実践するはけっこう難しいと思います。

しかし、継続するだけで症状は軽減されるのでがんばっていきましょう^^

[ad#ad-1]

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る