空気清浄機の花粉モードって他の機能と何が違うのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

どうもアレルマンりょうです!

いやあ秋になると紅葉や旬の食材といったさまざまな楽しみがありますよね^^

私も秋はとても好きな季節で高尾山や秩父方面にもよく行きます!

そんな楽しい行事がたくさんありますが1つだけやっかいなものがあります。

それは花粉です!

秋花粉はブタクサ系の花粉が飛んでいてブタクサアレルギーの人などはくしゃみや鼻水といった花粉症の症状を引き起こします。

今年の秋も耳鼻科に行って薬をもらいましたが、先生に「冬以外花粉症で悩んでいる人っているんですか?」ときいたところこんなにアレルギー持っている人はそこまではいないといっていました(笑)

そこで花粉対策としてダイキンの空気清浄機MC80T-Wを購入しました。

参照:http://www.daikinaircon.com

実際にこの空気清浄機を使った感想も記事にしていますのでよろしければご参照ください。

購入したときはそこまで秋花粉の症状がひどくなかったので花粉モードというのは使用していませんでした。

しかしそろそろ外に出ると鼻のむずむずやくしゃみがひどくなってきたので空気清浄機の花粉モードを使ってみました。

その花粉モードの効果などをまとめていきたいと思います。

[ad#ad-1]

花粉モードはどんな効果があるの?

説明書には花粉モードとは5分ごとに風量が『標準』⇔『弱』に切り替わり、ゆるやかな気流を起こして花粉を逃さないようにキャッチすると書いてあります。

自動で風量を切り替えて気流を起こすというのは実際に使ってみないと体感できないので花粉モードを体感してみました。

すると確かに最初は『弱』からはじまり5分後に『標準』と切り替わっています。

体感としてはハウスダストや花粉を『標準』の風で舞い上がらせ、『弱』の風で下に落ちないようキャッチするといった感じですね^^

花粉モードの音はうるさくないのか?

やはり空気清浄機で気になるのが音ですよね!

特に寝室は1日の1/3を過ごすため空気清浄機を置く人が多いと思います。

そんな寝室で寝るときにいくら空気をきれいにしてくれるとはいえあまりにうるさかったら寝られないですよね(笑)

それではダイキンの空気清浄機MC80T-Wの花粉モードはどうなのでしょうか?

感想としては特に寝るときでも私は気にはならないですね!

『標準』の風量でもさほどうるさいとは感じないため普通にリラックスして眠る
ことができました^^

この空気清浄機でうるさいと感じるのは『強』と『ターボ』機能だけのような気がします。

しかし、掃除をしたりするときには『強』や『ターボ』はオススメですね^^

ですので花粉モードは寝るときでも騒音は気にならないと思います!

[ad#ad-1]

花粉モードは花粉だけしかとれないのか?

花粉モードのため花粉のとき専用と勘違いしている方もいますが、花粉モードはハウスダストなどもふつうにとってくれるため、花粉の時期以外でも使用できると説明書に書いてあります^^

花粉モードは気流を作りながら花粉やハウスダストをキャッチするのでお好みで使ってみるとよいと思います。

すべての機能を使った結果、私は『自動』と『花粉モード』をメインに使っていこうと思います。

空気清浄機は花粉症に効果はあるの?

「花粉症には空気清浄機が効果があります」と電気屋さんで看板やPOPをよくみかけますよね。

しかし、中には本当に空気清浄機は花粉症に効果があるのか気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで花粉症の症状がひどい私が実際にレビューした記事が下記にありますのでよろしければご参照ください。

まとめ

今回はダイキンの空気清浄機の『花粉モード』についてレビューさせていただきました。

ダイキンの空気清浄機はかなり質が高いように感じこれからも愛用していこうと思います。

『花粉モード』の音も気にならずこれで寝るときも花粉をしっかり対策することができますね^^

空気清浄機は花粉症の強い味方ですのでうまく使っていきましょう^^

[ad#ad-1]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る